介護福祉士とは

介護福祉士転職TOP >> 介護福祉士転職の基礎 >> 介護福祉士とは

介護福祉士とは

介護福祉士とは介護・福祉にかかわる国家資格です。よく「介護施設への就職・転職は資格がなくても簡単にできる」と言われますが、介護福祉士になるためには国家資格を取得する必要があるのです。ですから介護職で働く方はまず未経験の段階で現場で経験を積み、この資格を取得することが大きな目標となります。

介護に関連する資格にはほかにもヘルパー系(介護職員初任者研修、介護職員実務者研修)などがありますが、介護福祉士は介護施設で働くスタッフをまとめて現場で円滑な介護サービスを行うことができる環境づくりを行っていく役割も担っています。

高齢者や障害者の介護・介助にはさまざまなスキルが必要です。体力が必要なのはもちろんですが、介助を行う場合には相手のプライド・尊厳を傷つけぬよう配慮する必要がありますし、体重移動の際に負担をかけすぎない、食事の介助の際に喉を詰まらせないよう気をつけるなど知っておくべき知識も多く、未経験のスタッフが担当する場合にはそうしたスキル、知識を持った人材がきちんと管理し、指示できる環境が求められます。介護福祉士には自分のスキルと知識で適切な介護を行うだけでなく、現場全体の介護の質を維持・向上させるうえでもとても重要な役割を担っています。

こうした専門的な面を備えているからこそ、さまざまな介護施設から求められ、また障がい者福祉施設や児童福祉施設、医療機関でも必要とされているのです。

介護福祉士は国家資格ですが、取得するには2つのルートがあります。まず国家試験を受験して合格すること。しかも誰でも受験できるわけではなく、3年以上の実務経験が求められます。冒頭で触れたようにまず未経験から現場で経験を積んだ上で受験資格をクリアするわけです。そのうえで筆記試験と実技試験を受ける、介護技術講習を受けたうえで筆記試験を受ける、実務者研修を受けた上で筆記試験を受ける、の3つのルートから選択して資格取得を目指すことになります。

もうひとつのルートは福祉系の学校を卒業したうえで筆記試験を受けて取得するケース。なお、卒業した学校によって筆記試験のみで取得できるパターンと、9ヵ月の実務経験を積んだ上で筆記試験を受けて取得するパターンに分けられます。

介護福祉士になることで介護業界で働く可能性が一気に開けます。これから介護職への就職・転職を目指す場合にはまずこの資格を取得することを目的に取得できる方法を検討していくことになるでしょう。自分なりに取得しやすいと思えるルートを考えてみるとよいでしょう。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.