介護福祉士の転職と面接

介護福祉士転職TOP >> 介護福祉士転職の基礎 >> 介護福祉士の転職と面接

介護福祉士の転職と面接

介護福祉士の転職活動では面接をいかにうまくクリアするかが重要なポイントです。人手不足の影響から書類審査は比較的簡単にパスできることが多いのですが、その次の面接で引っかかってしまうことが多いからです。人手不足なんだから面接もそれほど厳しくないはず、そつなくこなせば大丈夫だろう、と油断すると痛い目にあってしまう可能性もあります。

介護業界では人手不足が慢性化しているので転職しやすいというのは事実です。しかしだからといって誰でも採用されるというわけではなく、むしろ厳しく人物を見て採用を決める傾向が見られます。その理由として介護の仕事はサービスの利用者との個人的なコミュニケーションや信頼関係の構築が求められる部分が多く、人間的に問題がある人材を不用意に確保するわけにはいかない点がまず挙げられます。老人ホームなど入居型の施設では数年単位で利用者と付き合うことになるため、うまく信頼関係が築けない、あるいはすぐに辞めてしまうでは困るわけです。

職場に馴染めるかどうかも採用の際に重視される大事な点です。できるだけ長く働いてくれる人材がほしいわけですから、職場に馴染めるかどうかは欠かせないチェックポイントとなります。介護施設は小規模なところも多く、スタッフ同士も密接なつながりを持ちながら業務を行っている傾向が見られます。そうした人間関係に馴染めるかどうか、人間性や生活を見るわけです。こうしてみても面接がいかに転職において重要な場になるかがうかがえます。

実際介護施設の面接では採用担当者だけでなく施設のトップや現場の主任なども同席したうえで行われることも少なくありません。それだけプレッシャーも大きくなるので事前にしっかりと準備して、チェックされるポイントや想定される質問などを確認しておくことが大事です。

人間性、とくに常識やマナーが問われるので言葉遣いやしぐさなどちょっとした点をチェックされることも少なくありません。おもに高齢者を相手にサービスを行う仕事ですから、こうした点が他の職業に比べてとりわけ厳しくチェックされるのです。また将来の目標やビジョン、介護福祉士としてどんなキャリアを積んでいきたいのかといった考えもよく問われます。「シフトが楽そうだから」「前の職場より給料が高いから」といった安直な理由で転職を目指すことも多いため、そうした人材をふるい落とす意味でも介護福祉士としての意欲や責任感をチェックすることが多いのです。ネットなどで自分が最低限のマナーをわきまえているかどうか、安易な姿勢が潜んでいないか、しっかり確認したうえで面接に臨むようにしましょう。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.