介護福祉士のやりがい

介護福祉士転職TOP >> 介護福祉士転職の基礎 >> 介護福祉士のやりがい

介護福祉士のやりがい

介護福祉士は介護業界の中核を担う仕事、介護施設の最前線で活躍するほか、児童福祉施設や障がい者福祉施設、リハビリテーション科をはじめとした医療施設でも活躍の場が増えています。

そんな介護福祉士の仕事はとても大変というイメージも世間一般ではもたれています。介護職全体がとても大変な状況にあるといわれており、そこで中心になって働いている介護福祉士はさぞかし大変だろう、というわけです。実際に離職率も高く、なかなか厳しい状況に晒されている面もあるのですが、そうした面を踏まえてもなくやりがいを感じている人も多く、この仕事でしか味わえない魅力、やりがいを糧に毎日大変な仕事をがんばっています。

そんな介護福祉士のやりがいの中でももっともよく言われるのが人を支えることができる点でしょう。基本的に自立した生活ができない高齢者、とくに要支援・要介護認定を受けた高齢者を対象にサービスを提供する仕事に従事していますから、食事、入浴・排泄の介助をはじめ生活が不自由にならないようサポートするのがおもな役割です。そうした作業を通して利用者からお礼や感謝の言葉を言われたり、喜んでくれている様子を見ると疲れや仕事の大変さも吹き飛ぶ、という人も多いようです。

それから利用者との信頼関係を構築できる点も介護福祉士の大事なやりがいでしょう。とくに入居型の老人ホームでは毎日顔を併せて日常生活の中でサポートを行っていく形になりますから、かなり利用者のプライベートな面にまで踏み込んで接することになります。なので毎日の生活の中で信頼関係を構築し、介護福祉士が利用者を支えるだけでなく、利用者が介護福祉士を励まし、お互い支えあうような関係を築き上げることもできます。こうした関係をサービスだけでなくコミュニケーションを通して築いていくことができるかも介護福祉士の重要な資質でもあるわけですが、それが実現できれば毎日の大変の仕事もやりがいをもって担うことができるようになります。

もちろん、こうしたよいことばかりではなく、大変な仕事をしても感謝もなく当たり前のように扱われる、利用者が不自由な生活にイライラして介護福祉士に当り散らすといったケースも少なくありません。しかしそうした大変な部分も感謝のひと言や「この仕事をやっててよかった」と思える場面に出会えることで吹き飛んでしまう、そんな大きなやりがいを秘めている職業でもあるのです。現場の最前線で働くからこそいろいろな面を見て、学ぶことができる点も魅力でしょう。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.