介護福祉士の転職と研修

介護福祉士転職TOP >> 介護福祉士転職の基礎 >> 介護福祉士の転職と研修

介護福祉士の転職と研修

介護福祉士の転職で職場をチェックしていく場合には研修制度がどれだけ充実しているのかもよく見ておきましょう。人手不足が慢性化している業界なので転職しやすい傾向がある一方、採用された途端に現場の最前線で勤務させられるケースも少なくありません。介護福祉士としてのキャリアがあってもこれまでとは違う種類の施設に転職した場合などはいきなり責任の重い仕事を任されても対応できないこともあります。

どの介護施設も人手が不足しているうえに小規模な施設が多いのでスタッフが研修を受けられる環境を整えているところは限られています。じつはこの点が現場の人手不足や介護職の離職率の高さと深くかかわっている面もあるのです。資格を取得したばかり、あるいはこれまで働いてきた施設とは異なる施設から転職してきた人材をいきなり現場で働かせることで負担を強いてしまい、職場に馴染む前に大変な思いをさせてしまうことで耐えられずに離職してしまう、というパターンが多いからです。大変な仕事であっても事前に研修で必要なスキルや知識を学び、職場のやり方を理解しておけば十分対応できるものも、そうした環境を整える余裕が施設にないためにみすみす採用したばかりのスタッフが離職してしまう状況を作ってしまうわけです。余裕がないために研修や教育環境を整えず、その結果ますます余裕がなくなる、そんな悪循環に陥ってしまっている施設も少なくありません。

転職を目指す介護福祉士としてはこの点も注意して研修制度がどれだけ整えられているのかを確認したうえで長く働けるか、馴染めそうな職場かを判断していくことになります。未経験の現場への転職、あるいはブランクからの復職を目指す場合にはとくにこの点が求人情報をチェックしていく上での大事なポイントとなるはずです。

また、その施設で介護福祉士がどのような業務を担当するのかも踏まえたうえで研修内容をチェックしましょう。高度な介護スキルが求められる施設で、それに対応するための研修が用意されているなら働きながら介護スキルを高め、キャリアアップに結び付けていくことができます。こうした将来のキャリアを検討する意味でも研修制度の有無、内容は転職先を決める重要な要素といえます。

社会福祉法人や医療法人が運営しているグループ系の施設、規模の大きな施設で研修が充実している傾向が見られます。また介護施設よりも医療施設の方が研修が充実しているでしょう。現時点での自分の介護福祉士としてのスキル・キャリアも踏まえつつ、研修の観点からも転職先を比較検討してみてはいかがでしょうか。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.