介護福祉士の仕事内容

介護福祉士転職TOP >> 介護福祉士転職の基礎 >> 介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士は介護施設で介護サービスを提供する職業です。まさに介護の現場の最前線で活躍しているわけですが、その仕事内容は非常に多彩です。介護施設、あるいは医療施設など職場によっても求められる仕事内容が異なっており、それが就職・転職の際の重要なチェックポイントにもなっています。

そんな介護福祉士のもっとも基本的な仕事といえるのが介助です。自立した生活が困難になった方に対して食事、入浴、排泄の手伝いをする。この3つは日常生活に欠かせないものであると同時に自分でできないことでその人の尊厳を揺るがす面も持ち合わせています。それだけに単に手伝うのではなく、本人の尊厳を尊重し、感情にも配慮しながら適切なサービスを行っていくことが求められます。体を支えるなど肉体労働の面を持ち合わせているのはもちろん、精神面へのきめ細かな配慮も欠かせないため介護福祉士の資質が問われる仕事でもあるのです。

また介助のほかにも着替えの手伝い、歯磨きや洗顔、清拭、移動の際のベッドから車椅子への移乗、歩行のサポートなど広く身体にかかわるサポートも行います。こうした作業を通して利用者から感謝されたり、信頼関係を結ぶ機会を得られることが介護福祉士としてのやりがいを感じられる部分でもあります。

それから生活の援助。介助とは別に日常生活を快適にするための援助を行います。掃除や洗濯、部屋の整理整頓、場合によっては買い物の代行など。これらは入居型の施設でとくに重要なポイントです。要介護認定が低い方でもなかなかこうした作業を日々の生活の中で行っていくのは難しい面もあり、介護福祉士をはじめとした介護スタッフがそれをサポートするわけです。この点でも本人の意志を尊重したうえで行うことが重要で、とくに掃除や整理整頓は勝手な判断で行うのではなく本人の希望・指示に基づいて行われます。

社会との接点を持つ、あるいは自宅生活への復帰をサポートするのも大事役割です。後者ではリハビリテーションのサポートが主な役割で、機能訓練を行っている介護施設や医療機関のリハビリテーション科で行われます。前者は孤立した生活を送らないよう、他の入居者や社会との接点とコミュニケーションを保つ機会としてさまざまなレクリエーションなどを行っています。介護福祉士はこうした活動の企画・立案、さらに準備まで担当することも多く、いかに利用者が楽しんでもらえる企画を用意できるかどうかがその施設の評価を左右する重要な要素になることもあります。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.