20代向けの介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 条件別の介護福祉士求人 >> 20代向け

20代向けの介護福祉士求人

介護福祉士は人手不足の状況が続いているので20代ともなれば引く手もあまた、どの施設でも歓迎しているといっても過言ではありません。他の業種では経験不足や早い段階での離職・転職がマイナス材料になる点も介護業界ではほとんどマイナス材料にならないといってもよいでしょう。

ですから20代の介護福祉士の就職・転職は比較的簡単な以上、いかに自分に向いている求人を見つけることができるかどうかが鍵です。そもそもどうして介護業界が人手不足なのか、20代の人材が歓迎されているのかをよく考えた上で求人探しを行っていくことが求められるでしょう。とくにはじめて転職する場合では前の職場にどんな不満や問題点を感じていたのかをよく踏まえたうえで求人情報を選びわけていかないと次の転職先でまた同じ失敗をしてしまう恐れがあります。

20代向けの介護福祉士求人を選び分けるポイントは大きく分けて2つ、まずは長く働くことができるかどうか、です。何歳で介護福祉士の資格を取得したにしろ、20代はまだまだ経験不足、できれば同じ職場で働き続けながら経験を積んでいく必要があるのは他の業種・職種と変わりありません。1〜2年の間に辞めてしまい次の転職先を探すような環境を続けていると貴重な20代のころに介護職として必要な経験を積んでいく機会が失われてしまいます。

それだけに求人探しでは必ず離職率をチェックしておきましょう。人手不足の原因は離職者が多いから、さらには高収入の職場は人手不足だからといった事情が背景に潜んでいる可能性があります。採用のチャンスが多そう、ほかの求人よりも収入が高いといった表面の魅力にとらわれず、本当に長く働いていくことができるのかどうかをよく見ておきましょう。たとえば一年中求人を掲載し続けているような職場、ほかと比べても極端に収入が高いところなどは要注意です。あとは職員の平均年齢にも気をつけましょう。極端に低い職場は離職率が高くスタッフの入れ替わりが激しい可能性があります。

もうひとつのポイントは長く働き続けることでどういったものが得られるか。具体的にいえばスキルと収入アップです。その職場で働くことで専門的なスキル・知識をどれだけ身につけていくことができるか。単純な作業でいつまで経ってもスキルアップができない、というケースも考えられます。さらに重要なのが年収アップ。介護職は介護報酬の不足などの理由から人件費が抑えられがち、30代以上になって本来ならこれから年収がアップしていく時期に頭打ちになってしまうこともあるので5年後、10年後の収入水準もチェックしておきたいところです。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.