30代向けの介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 条件別の介護福祉士求人 >> 30代向け

30代向けの介護福祉士求人

30代の介護福祉士が転職のために求人探しを行う場合には待遇面を重視するまえにまず自分が将来どんな介護福祉士になりたいのか、できるだけビジョンをはっきりとさせておきましょう。30代はキャリアにおける大事な時期、転職によってこれから介護福祉士として飛躍するチャンスに恵まれる一方、よいキャリアを積める職場を見つけられないとこの大事な時期に働き先が定まらずあちこち転職を繰り返す、なんてことになりかねません。また、30代にどんな職場でどういった仕事を担当してきたかによって介護福祉士としての全体のキャリアが決まるといってもよいでしょう。介護福祉士の就職先が多様化している状況ですから、30代の段階で自分が進むべき道を決めたうえで求人探しを行っていくことが大事です。

そのうえで30代向けの求人を探していく場合には将来のキャリアアップの余地があるかどうかが重要なポイントです。つまりその職場で働き続けることで現場の責任者など昇進の余地がどれぐらいあるか。一生懸命働いても昇進の余地がない職場ではモチベーションを維持するのが難しいですし、次に述べる収入面でも心もとなくなってしまいます。

この点に関してはポストの数と現場で働くスタッフとのバランスも重要です。ごく限られたポストしかない場合、なかなか空きができずに昇進の機会がなかなか巡ってこない恐れもあります。この点は施設の規模や行っているサービスの種類、幅広さなどもかかわってくるので求人の内容はもちろん、その施設のホームページなどでも情報を入手しておきましょう。なかなかこの点がクリアできずに30代には向かない内容になってしまう求人も少なくありません。

それから収入面と就業環境。30代といえば家庭を持つ機会が増える年代、また子供の成長と向き合う時期でもあります。出費が増えている環境の中で十分な収入が得られるのか、昇給の余地も含めて検討していきましょう。介護施設の中には関連資格を取得することで仕事の範囲が広がったり、資格手当を受け取れるところもあります。昇進の余地とともにこうした収入を増やしたり就業環境の幅を広げたりできる機会があるかどうかも見ておきましょう。そして何より、人手不足で激務な環境に晒されることが多い業界ですから、連日残業続き、休みも満足に取れずに家庭生活に支障をきたすような職場ではないことも大前提です。

30代はキャリアの面だけでなく人生そのものの大きな転機、それだけに給料や仕事内容だけでなく総合的な視野で求人をチェックしていくことが欠かせないでしょう。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.