40代向けの介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 条件別の介護福祉士求人 >> 40代向け

40代向けの介護福祉士求人

40代向けの介護福祉士の求人を探していく場合には将来と現状の両方を見越しておくことが大事です。年齢的に劇的にキャリアアップをしていくのは難しい一方、新たな職場で経験を積んでいくことで収入アップや現場の責任者などのポストにつくチャンスも得られます。その一方、次の職場でうまく馴染めずにまた転職するとなると年齢的にかなり不利な環境になってしまうこともあるだけに、長く働けそうで、しかも将来のキャリアアップも期待できる職場が求められます。この点が将来性を重視する20代、30代と、将来よりも安定を重視する40代との大きな違いでしょう。

まずどんな施設で40代の求人が多いのか?言ってしまえばどの施設でも40代が応募可能な求人を容易に見つけることができます。ただ40代に向いているかどうかとなると話が変わってくるので注意しましょう。たとえばリハビリテーション科など医療機関からの求人は比較的若い世代を求めている傾向が強く、40代でも応募可能でも他の応募者に20代、30代がいた場合にはそちらを採用するケースが多くなります。医療機関は安定した就業・収入環境から介護福祉士の就職・転職先として人気が高く、40代ではなかなか難しい面もあります。

一方介護福祉士におけるもっとも一般的な転職先ともいえる福祉関連の施設では大事なポイントが2つあります。まずスタッフの平均年齢。介護施設の現場では年下の上司のもとで働くケースが珍しくありません。そもそも介護職そのものがまだ歴史が浅く、10年、20年とキャリアを積んだ人はごく少数、そのため20代後半で現場責任者になっている介護福祉士もいればその下で働く40代の介護福祉士もいます。よさそうな求人を見つけた場合にはホームページなどでスタッフの顔ぶれを確認し、だいたいの平均年齢を確認しておきましょう。若いスタッフが多い職場だとジェネレーションギャップを感じて馴染みにくくなる可能性もあります。

もうひとつのポイントは体力的な面です。40代はまだ無理が利く年齢ではあるものの、夜勤の連続、一日中介助作業で体力を使うといった職場だと長く働き続けられない可能性もあります。夜勤が辛い場合にはデイサービスのようにもともと夜勤がない職場に絞って求人を探していくとよいでしょう。

コミュニケーション能力や人生経験に自信がある方なら訪問介護サービスもお勧めです。利用者と対面しサービスを通して信頼関係を築いていく面もあるため、人生のキャリアが豊富な40代が歓迎される傾向もあります。こうしたポイントを踏まえつつ、長く働きながらキャリアを積んでいけそうな求人情報をピックアップしていきましょう。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.