50代向けの介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 条件別の介護福祉士求人 >> 50代向け

50代向けの介護福祉士求人

介護福祉士は就職・転職しやすい職業といわれており、年齢もそれほどネックにはならないというのが一般的なイメージです。ただ50代の転職ともなるといろいろとハードルが出てくることもあるので求人探しには注意が必要です。

介護福祉士の求人では50代でも応募可能、というより年齢制限を設けていないところが多いのですが、それは表向きのことで実際には年齢がネックで落ちてしまうこともあります。実際問題として20代と50代の介護福祉士が応募してきた場合、ほとんどの施設では20代を選ぶものです。つまり年齢制限なし、50代でも応募可能だからといって必ずしも採用されやすいとは限らないわけです。門戸が広い求人ほど年齢がネックになってしまう可能性にも注意しましょう。

また、仕事内容にも注意が必要です。介護の仕事は肉体労働の面があり、かなりの体力が必要になるケースもあります。50代ともなるとなかなか無理が利かない部分もでてきますから、日々の仕事の中で肉体労働がどれだけ多いのかを確認しておきましょう。たとえば特別擁護老人ホームをはじめとした介護をメインとした仕事に比べて介護サービスつきの老人ホームでは入所者の健康状態がよいことも多く、体力的な面で負担が少ない傾向が見られます。ただ民間の老人ホームをはじめとした福祉関連の施設は人手が少ない環境も多いので注意した方がよいでしょう。

収入面や長く働き続けることができるかどうかも50代の求人探しでは重要です。基本的には次の転職先で定年を迎えられることを前提に職探しを行っていくことになりますから、問題なく働き続けることができるか、収入が50代に相応しい、生活が成り立つレベルでもらえるかどうかも大事な点です。

この点に関してはこれまで介護福祉士としてどれだけキャリアを積んできたかはもちろん、どういった施設で働くかも大きな意味を持ちます。たとえば福祉施設の中でも障害者福祉施設、児童福祉施設といったところでは比較的離職率が低く長く働き続けられるところが多く見られます。ただ未経験ではなかなか採用されにくく、しかも求人数そのものが限られてくるのでよい情報を日ごろからチェックして入手できるかどうかが問われます。

介護福祉士の場合、なかなか管理職に就ける求人が少なく、50代の転職でも現場の一線で働く環境の職場の中から選んでいくことになるでしょう。それだけに体を壊さずに無理なく続けていくことができる、収入面と就業環境のバランスが取れた求人をうまく選んでいくことが求められます。あらかじめ働きたい施設のタイプを絞った上で探していくのもひとつの選択肢でしょう。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.