手当充実の介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 条件別の介護福祉士求人 >> 手当充実

手当充実の介護福祉士求人

介護職は収入に不満を感じて離職・転職してしまうケースが多いといわれます。次の職場ではもっとよい収入環境で働きたい、そんな場合には基本給はもちろんのこと、手当が充実しているか、どれだけもらうことができるかにも目を向けておくことが大事です。この点は看護師とも通じる部分がありますが、介護福祉士の年収の内訳には手当てが占める割合が決して少なくありません。ですから似たような就業環境、基本給でも手当が充実しているかどうかで全体の収入に大きな差が出てくることもあります。

ただ、手当が充実しているかどうかで求人をチェックしていく場合にはいくつかの注意点があります。まずどのような手当が用意されているのか、夜勤手当、超過勤務手当、休日出勤手当、さらに住居手当や資格手当、主任や現場責任者になったときの手当など。これは施設によってかなり違いが見られます。夜勤手当や超過勤務手当はどの施設でもたいてい支給されますが、資格手当などは用意されていないところもあるので気をつけましょう。

求人情報では収入についても掲載されていますが、施設によって収入の基準が異なります。基本給の金額を具体的に提示したうえでプラス手当というところもあれば、手当もすべて含めたうえで「年収モデル」として紹介しているところもあります。当然どちらのタイプかで実際に受け取れる収入が大きく異なります。前者の場合はプラス手当がもらえるので収入が多くなる一方、手当そのものがあまり充実していない可能性もあります。一方後者は収入に対する手当の比重が高く、連日のように夜勤・残業をしたうえで記載されている収入に届く、というケースも考えられます。この点は少々あいまいな形で掲載している施設も多く、できるだけ詳しく確認したうえで収入がよいところか、手当が充実しているかを判断したいところです。

こうした事情から手当が充実しているからといって必ずしもよい職場とはいえない面もあります。いくら夜勤手当がたくさんもらえるからといって毎日のように夜勤を強いられる環境ではとても長く働き続けることはできないでしょう。無理なく働き続けられる就業環境を大前提にしたうえでもらえるべき手当をしっかりもらえるかどうか。介護施設は人手不足の影響からこの点のバランスがうまくとれていないところも多く、就業環境の実態についても見ておく必要があります。シフトが厳しいところほど人材を確保するために手当を充実させているというパターンも少なくないので気をつけたいところです。なお、施設によっては正社員でないと手当が十分に支給されないこともあるので就業環境ごとの支給環境の確認も欠かせません。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.