ブランク明けokの介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 条件別の介護福祉士求人 >> ブランク明けok

ブランク明けokの介護福祉士求人

よく知られているように介護業界では慢性的な人手不足が続いているため、ブランク明けでも応募可能な求人がたくさんあります。むしろブランク明けでは応募できない求人のほうが少ないといってもよいでしょう。未経験でも歓迎している施設が多い業界ですから、ブランクがあるとはいえ経験がある人材は非常に有望な人材として歓迎されるでしょう。

となると応募できるかどうかではなく、働きやすいかどうか、つまり自分にとって「okな職場」かどうかを見極めながら求人をチェックしていくことになります。ポイントは2つ考えられるでしょう。まずはブランク明けの状態でも仕事に対応できるかどうか。高齢化の進行の影響もあって介護サービスが多様化し、介護福祉士の職場も幅広くなっています。特別養護老人ホームをはじめとした従来の就職先以外でも民間の福祉系施設、医療関連の施設などの選択肢が増えています。その分介護福祉士にも幅広い役割が求められるようになっており、ブランクから復帰したときに対応できるかどうか、不安を感じるケースも出てくるでしょう。そのため以前働いていた施設と同じタイプの施設への転職を目指すか、復帰を機に新しいタイプの職場にチャレンジするか、よく考えてみましょう。介助をはじめとした介護をメインにした施設から社会への参加を促す支援活動を積極的に行っている施設など、それぞれが力を入れている活動をホームページなどでチェックしていきたいところです。

もうひとつのポイントは生活との両立ができるかどうか。介護施設の場合はこの点がネックになってブランクからの復帰が難しくなるケースがよく見られます。人手不足のため採用されやすいのはよいのですが、勤務時間の融通が利きにくく、育児との両立が難しくなってしまうのです。ですから求人情報を確認する際には子育てへの理解と支援があるか、スタッフの人数と平均年齢はどれぐらいかといった点を確認しておきましょう。施設の規模や仕事の内容に比べてスタッフの人数が少なければ時間の融通が利きにくくなりますし、子育てへの理解がないとシフト面で配慮してもらえない可能性があります。この点は求人情報だけで確認するのは難しいので介護系の求人サイトで詳しい情報を入手するようにするとよいかもしれません。

ブランクと家庭との両立が不安な場合にはまずパートから復帰するという選択肢もあります。そのうえで現在の自分が対応できる仕事、家庭と両立できる就業環境を確認してから改めて正規雇用の求人を探していく、そんな柔軟な姿勢での求人探しも視野に入れた上でいろいろと情報収集を行っていきましょう。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.