正社員の介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 条件別の介護福祉士求人 >> 正社員

正社員の介護福祉士求人

介護福祉士はパートなど非正規での雇用が多いとよく言われます。施設としては人手不足を解消するため非正規を積極的に導入することが多く、正規社員に対して非正規社員の比率が高い環境で機能している、といったケースも見られます。

そんな中で正社員の介護福祉士求人を探していく場合にはいくつかの点で注意が必要になります。この非正規の比率がどれだけかがそのまま正社員の就業環境に大きな影響を及ぼすからです。パートに比べて収入面で有利なのは間違いありませんが、パートのしわ寄せを食うような就業環境を強いられるケースも少なくありません。

パート勤務のメリットは自分の都合に合わせて働くことができる点にあります。それに対して正社員は会社の都合を優先して働くことになるため、慢性的な人手不足の問題を抱えている介護業界では正社員の負担が非常に重くなってしまう傾向が見られます。各種老人ホームのように入所型の施設の場合、非正規雇用のほとんどが夜勤NGで勤務している場合、正社員が全面的に担わなければならなくなります。日勤にパート勤務が集中する分、正社員は夜勤ばかり、なんてケースも考えられるのです。

ですから正社員の介護福祉士求人を探していく場合には必ず収入だけでなく就業環境をよくチェックした上で判断しましょう。求人情報だけでは非正規の比率や正社員の勤務環境を把握することが難しい面もあるのでまず施設のホームページで正規雇用のスタッフがどれだけいるのか、スタッフ全体に占める比率はどれぐらいなのかをできるだけ調べておきましょう。なかなか確認が難しい場合には面接の際にはっきりと確認しておくとよいでしょう。

一方、施設の種類によって正社員の求人が多いところと非正規の比率が高いところが見られます。非正規が多いのは通所型と呼ばれるタイプ、デイサービスやデイケアといった利用者が施設に訪れてサービスを受けるところです。夜勤がなく、残業も少ないのでパートをはじめとした非正規でも十分業務をこなせるからです。また訪問介護も非正規が多めの職場です。

逆に正規雇用が多いのはやはり入所型の介護施設、それからリハビリテーション科をはじめとした医療機関、児童福祉施設、障害者福祉施設などが挙げられます。入所型の介護施設以外の選択肢は安定した環境で正社員として働けるメリットがありますが、求人そのものが限られているのでチャンスを逃さないよう日ごろから情報収集をしっかり行っていく姿勢が問われるでしょう。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.