激務でない介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 条件別の介護福祉士求人 >> 激務でない

激務でない介護福祉士求人

介護福祉士求人を探していく上で最大のポイントといってもよいのが「激務でないかどうか」です。そもそも介護職は転職が多いといわれる大きな理由のひとつがこの点、せっかく新しい職場を見つけたのはいいものの、激務で続けられなくなってしまうといったことがないために職探しの段階でできるだけ負担が少ないところをピックアップしていく工夫が求められます。

ではどのように探していけばよいのか?激務ではない職場のポイントは2つあります。まず人手が十分に確保できていること。慢性的な人手不足でスタッフひとりひとりの負担が重くなるからこそ激務な環境になってしまうわけで、そうならないだけの人手が確保されているかどうか。何しろ人手不足でスタッフの負担が重いと離職率が高くなり、ますます人手不足になってスタッフの負担が重くなる…という悪循環に陥るケースが非常に多いのです。そのためもしこうした職場に転職してしまった場合、次々と同僚が辞めていって激務が加速していく、あるいは辞めたくなっても同僚の負担が増えてしまうのが心苦しくてズルズル続けてしまうといったパターンに陥ってしまう恐れがあります。

人手が足りているかどうかを見極めるためにはまず求人情報の「鮮度」をチェックしましょう。たとえば一年中掲載され続けているような求人は要注意、その施設はいつまで経っても人手不足が解消されていない可能性があります。理想としては急に欠員が生じてそれを埋め合わせるために出された求人です。こうした求人はすぐに応募が締め切られてしまうことが多いので日ごろからあちこちにアンテナを張って情報収集に勤めるようにしましょう。施設の公式サイトからの採用情報なども見逃さないようにしましょう。

それから待遇がよすぎる職場も気をつけましょう。人手不足を何とか解消しようと高収入の条件を出している可能性があります。とくに地方の施設によく見られるため、収入面ばかりにとらわれて応募してしまうようなことは避けましょう。介護福祉士の仕事はあくまで収入と就業環境のバランスが問われます。

もうひとつのポイントは激務になりにくい仕事かどうか。たとえばデイサービスは日中の勤務に限定されるので夜勤の負担がありません。入所型の施設はどうしても夜勤の負担が問題になるので不規則な生活は避けたいという方は通所型や訪問型の施設を狙うとよいでしょう。また福祉施設以外にもリハビリテーション科など医療機関からの求人も増えているので激務を避けたい方は求人数は限られてきますがこちらもチェックしてみるとよいでしょう。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.