夜勤なしの介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 条件別の介護福祉士求人 >> 夜勤なし

夜勤なしの介護福祉士求人

介護福祉士の職探しは何よりも心身に負担をかけすぎることなく働き続けられるかどうかが最大のポイントです。とくに夜勤の存在は要注意、人手不足の施設だと連日のように夜勤を担当させられたり、さらには夜勤のあとに日勤といったかなり無理のあるシフトを組まされるといったケースも考えられます。

夜勤は体への負担が大きいのはもちろん、日常生活のさまざまな面に影響を及ぼすものです。不規則な生活になることで生活のリズムが乱れてしまいますし、家族や友人と過ごす時間が限られてしまうといった問題も起こりえます。ですからどうしても夜勤は避けたい、という場合には職探しの段階で夜勤なしの条件を探していくのがお勧めです。幸いなことに介護サービス、福祉施設の多様化もあって夜勤なしでも働き続けられる職場が増えています。

そんな夜勤なしの介護福祉士求人探しのポイントは「そもそも夜勤がない職場」を優先して探していくことです。もともと夜に仕事がない職場ならどれだけ人手不足でも、忙しい環境でも夜勤を担当させられることはないわけです。その候補としてまず挙げられるのがデイサービスです。通所介護と呼ばれることもあるこの施設では通いで利用する高齢者を対象に食事や入浴、リハビリテーション、レクリエーションなどのサービスを提供します。特徴としては自宅で生活をしている利用者が社会との接点を持つためにレクリエーションを積極的に行っている点、そのため介護スキルだけでなくコミュニケーション能力や明るい性格などが求められます。

もうひとつ、同じく通所でリハビリテーションをメインに行っているデイケア。通所リハビリテーションとも呼ばれます。こちらも日中だけの施設で、介助作業を行うことでデイサービスと共通したサービスを行っているところも少なくありません。ポイントとしてはリハビリテーションがメインとなるので体力が問われる点でしょう。そのため男性の介護職が歓迎されています。

通所型に加えてもうひとつ、近年需要が増えている訪問介護も夜勤なしの職場としてお勧めです。求人の数も増えているのでこれから夜勤なしの求人を探す場合にはこのタイプの施設をチェックするのがお勧めです。ただ利用者の自宅へ移動するため自動車の運転免許が応募条件に設けられている場合もあります。

探してみるとこれらの施設からの求人もかなり見つけることができます。夜勤手当がない分収入面がやや気になるのでできるだけ就業環境と収入のバランスがとれた求人を探していくとよいでしょう。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.