退職金が出る介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 条件別の介護福祉士求人 >> 退職金が出る

退職金が出る介護福祉士求人

ある程度の年数働いたうえで退職すれば退職金を受け取ることができる。これはサラリーマンにとっては当然の常識ですが、介護職となると事情が少々異なってきます。高齢化の影響で介護施設の需要が高まり、全国的に施設が増加している状況ですが、その需要の増加に対して働き手に相応しい環境・制度づくりが追いついていない傾向が見られ、退職金制度が設けられていない施設も少なくないのです。

ただでさえ離職率が高い業界といわれているうえに一生懸命働いたのに退職金がもらえないのではやってられない、という方も多いはず。それだけに転職の際には退職金がしっかりもらえるのかどうかも踏まえたうえで求人探しを行っていきましょう。

じつはこれがなかなか厄介なもので、求人情報だけで退職金制度の有無を確認できないことが多いのです。しっかりとした退職金制度を設けている施設ではそれをアピールポイントにするべく収入や福利厚生を掲載している欄にそのことを記載しているケースが見られます。ただその数は介護福祉士求人全体に対して決して多いとは言えず、その求人だけをピックアップして転職先探しをしようとすると非常に狭い選択肢の中から選んでいかなければならなくなってしまいます。

一番よいのは直接問い合わせて退職金が受け取れるのかどうかを確認しておくことですが、まだ採用されてもいないのに「辞めたときに退職金は受け取れますか?」と聞くのはちょっとためらわれる、という方も多いでしょう。なので退職金が用意されていることが多い施設の種類や運営元をまず確認しておきましょう。もっとも用意されているところが多いのは社会福祉法人、医療法人によって運営されている施設です。退職金共済が用意されており、月々数千円程度で退職金を受け取ることができるようになる施設も見られます。また福祉施設ではなく医療関連の施設では多くが退職金を用意しています。

一方近年増えている民間の施設、事業所では退職金制度がそもそも用意されていないところが多いので注意が必要でしょう。とくに介護業界へ新規参入したばかりのところは職員の待遇や福利厚生の充実が追いついていないことが多く、事前の確認が欠かせません。直接問い合わせるなど積極的な姿勢を心がけましょう。

ただ、退職金が用意されていても就業環境が厳しく受け取れるまでの年数まで働き続けられないケースもあるので退職金だけで判断するのは早計です。まず継続して働き続けることができるか、そのうえで辞めたときに退職金を受け取れるか、総合的な判断を心がけましょう。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.