地域包括支援センターの介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 勤務先別の介護福祉士求人 >> 地域包括支援センター

地域包括支援センターの介護福祉士求人

地域包括支援センターは介護職の就職先としてはかなり異色の部類に入ります。老人ホームをはじめとした介護関連施設のように直接介護業務に携わるのではなく、相談業務や介護予防ケアマネジメントなど、介護を必要としている方、ならびにその家族の介護環境を支援するための業務がメインとなっています。そして介護福祉士がこの職場への転職を希望する場合にはさまざまなハードルがあり、売り手市場といわれている介護職の転職の中でいろいろと事情が異なる面が出てきます。

まず知っておく必要があるのは介護福祉士としての求人はほとんどなく、介護関連職では社会福祉士、ケアマネージャーの求人がほとんどだという点です。基本的に地域包括支援センターにおいてはこの2つの職種に保健師を加えたスタッフが業務を行っています。ですから介護福祉士がこの職場に転職しようと思った場合にはまず社会福祉士やケアマネージャーといった資格を保有しているか、これから取得する必要があるわけです。

そのため、求人を見つけた場合にはまず応募資格を確認し、現在の自分の状況で応募が可能なのか、転職のチャンスがあるのかを見ておきましょう。必要な資格を取得していない場合にはこれから取得するとしてどれだけの時間やお金がかかるのかも大事なポイントです。働きながら新たな資格を取得して転職を図るとなるとかなりハードルが高くなるのを覚悟しなければならないでしょう。

応募資格を満たしている場合には採用された場合にどういった業務を担当することになるのかを確認しておくべき点です。先ほど挙げた3つの資格ごとに担当する役割、業務内容が異なっており、どの資格で採用されるかで働く環境に大きな違いが出てくるのです。社会福祉士では総合的な相談業務が主な役割となるのに対してケアマネージャーは包括的・継続的ケアマネジメント支援業務、つまり介護が必要な方、また今後介護が必要になりそうな方が十分なケアができるか、環境を整えることができるかをマネジメントする仕事です。どちらが自分に向いているのか、介護福祉士からさらに一歩踏み出したキャリアを積んでいく場としてどちらが相応しいかを判断したいところです。

そのうえで求人を選んでいくことになるわけですが、そもそも施設そのものが他の一般的な介護施設に比べて数が少ないため求人も限られています。ねらい目としては欠員が生じた際の補充のために出す求人、なので日ごろからこうした求人を逃さないよう情報収集を心がけること、よい求人を見つけたら応募が締め切られてしまう前に忘れずに応募することが求められます。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.