グループホームの介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 勤務先別の介護福祉士求人 >> グループホーム

グループホームの介護福祉士求人

グループホームは認知症の高齢者が入居して介護サービスを受ける施設です。そのためこの施設で働く介護福祉士はおもに認知症の高齢者を相手にした業務を行うことになるため、一般的な介護施設とはいろいろな面で勝手が異なる部分もあります。それだけに求人情報を探していく場合には具体的な業務内容、施設ごとの特徴などをよく踏まえておきましょう。

このグループホームのポイントは少人数制で入居者が共同生活を送る点にあります。共同生活の中で人と接し、協力し合うなかで認知症の症状を和らげていくことを目的としているのです。そのため入居者は基本的にかなり自分で身の回りのことができる健康状態ということになります。そのため食事、排泄、入浴の介助のような介護サービスを行う機会が少ないのも特徴です。

その一方で共同生活を円滑に送るためのケアや配慮が求められます。少人数でアットホームな雰囲気を重視しており、介護福祉士にひとりひとりの入居者とのコミュニケーションを通した信頼関係の構築が求められます。また共同生活の中で入居者同士でトラブルが発生した場合には仲裁・解決を図るなどの役割も求められるでしょう。入居者に生活の張りや生きがいを感じてもらうためレクリエーションを積極的に行っている施設も多く、その計画や準備、実行なども業務内容に含まれるでしょう。

こうしてみても介護スキルよりもむしろコミュニケーション能力が問われる職場といえます。また認知症対策のための専門のスタッフが常駐し、症状・進行を緩和するためのとりくみを行っているのでそのサポートも大事な役割です。ですから一般的な介護施設のように介護の現場の最前線に出るというよりも一歩引いた形で見守ったり、協力したりする形になります。これまで働いてきた職場とは勝手がずいぶん違ってくる面もあるでしょうし、やりがいが感じられない、介護スキルを高めることができないといった不満を感じることもあるかもしれません。それだけにいざ転職した後になって後悔しないためにも求人に書かれた情報だけでなく公式サイトなどから詳細な情報を入手したうえで自分に向いた職場かどうかを見ておきましょう。少人数なので人間関係の悩みを抱えることも多いのでその点の情報もできるだけ確認しておきたいところです。

介護の負担が少なめな一方、収入面で他の介護施設に比べてやや低めな傾向が見られます。それだけにこの施設への転職を目指す場合には収入だけではなく、やりがいを感じられるかどうか、お金では換えられない価値があるかどうかが問われることになるでしょう。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.