訪問介護事務所の介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 勤務先別の介護福祉士求人 >> 訪問介護事務所

訪問介護事務所の介護福祉士求人

訪問介護事務所は近年高齢化の進行と介護サービスの需要増の影響もあって増えている施設です。広い意味での介護関連施設で、要介護認定を受け介護が必要な方の自宅にまで訪問して介助をはじめとしたサービスを行うのがおもな役割です。当然介護福祉士が活躍する場も多く、就職・転職先の重要な選択肢といえます。

ただその一方で特別擁護老人ホームなどの入居型、デイケアなどの通所型に比べて規模の小さな事務所が多く、求人の数はまだそれほど大きくないというのが現状です。また施設によって介護福祉士の役割や就業環境に大きな違いが見られることも多いので求人探しの際にはできるだけ具体的な情報をチェックしていく必要があります。にもかかわらず、規模が小さいこともあってなかなか情報が入手できないという難しさも抱えています。公式サイトを開設していない事務所などではもっぱら求人情報だけで判断しなければならない部分も出てくるのです。

まずポイントとしては人手の状況が大事です。規模が小さく、経費削減の意図もあってごく限られた介護スタッフで運営しているところも少なくありません。しかもヘルパー系のスタッフがメイン、あるいは非正規雇用を多く雇っている場合には正規雇用で雇われた介護福祉士に大きな責任と役割が求められるケースも見られます。訪問介護なので原則として夜勤がないというメリットがありますが、必ずしもシフトが楽とは限らず、人手の状況によっては残業が多い、休憩もままならず一日中利用者の自宅に訪問してサービスを提供するケースも見られます。

一方、もともと働く介護福祉士の数が限られているだけに待遇・環境のよい職場ではなかなか求人を行わない傾向も見られます。業務の拡大で増員が必要になったとき、あるいは欠員が生じたときに募集する程度。つまり環境のよい職場であればあるほど求人が得られにくく、逆に離職率が高く就業環境に難がある職場ほど頻繁に求人を出していることになります。ですから訪問介護事務所への転職を検討する場合にはすぐに判断するのではなく、ある程度時間をかけて情報収集を行い、随時募集を行っているような施設と、急な募集を行う施設との間で待遇面、給料面でどういった違いが見られるのかなどを比較検討して判断したいところです。

実際のところ訪問介護事務所の介護福祉士求人は自分だけでよい求人を探すのは難しい面もあります。ネットをうまく利用して幅広いルートで求人を探したり、細かい情報を入手していけるような環境づくりが求められます。よい職場を見つけられれば長く働き続けることもできる、そんな魅力のある職場ともいえます。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.