一般病院の介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 勤務先別の介護福祉士求人 >> 一般病院

一般病院の介護福祉士求人

介護福祉士の就職先には一般病院という選択肢もあります。介護といえば特別擁護老人ホームに代表される介護施設で行われるイメージもありますが、実際には病院でも行われています。怪我や病気の影響で自分で身の回りのことができない患者さんに対して必要なサービスを行うケースです。通常こうした仕事は看護師が担当するわけですが、人手不足が十分なケアが行き届かない場合には介護福祉士がカバーするケースもあるのです。看護師は一部の医療行為や医師の治療のサポートなどの仕事もあるため、介助や入院生活のケアなどにまで十分に手が回らないことが多く、療養型の病院ではとくに介護福祉士を雇うことが増えています。

こうした事情から、一般病院の介護福祉士の求人は比較的規模の大きなところからのものが多く見られます。患者さんの数が多く、看護師だけでは対応しきれない場合に介護福祉士が必要とされるわけです。そのため求人情報を事前に入手しやすい点が特徴として挙げられるでしょう。介護福祉士を雇うくらいの病院なら公式サイトを持っているところが多く、職場の雰囲気や介護に関する取り組みや環境も知ることができるからです。ただ介護福祉士の仕事環境まで掲載されていないこともあるので公式サイト以外での情報収集も欠かせません。

また、一般病院の場合、公式サイトの採用情報のページから見つけることもできます。求人サイトを経由せず、直接応募することも可能なわけです。そのため働いてみたい病院がある場合には日ごろから採用情報をチェックしておく、という選択肢もありでしょう。また事前に見学しやすい点も介護施設とは異なる一般病院のメリットです。

ただどのような環境で介護福祉士がどういった仕事を担当することになるのかを確認することも忘れないようにしましょう。基本的には食事、入浴、排泄の介助や体位の変換、シーツの交換といった一般的な介護サービスがメインとなりますが、場合によっては看護師の仕事をサポートするケースも見られます。またその病院にリハビリテーションの施設がある場合にはそちらのサポートを担当することもあるため仕事内容に大きな差が出てきます。この点もチェックすることが大事です。

一般病院が介護福祉士を雇っているケースはまだ少なく、求人も限られてきます。一方で収入面で恵まれている職場も多く、募集が出た場合には多くの応募が集まる場合もあります。そのチャンスを逃さず、採用を勝ち取るための転職対策も求人探しと同じくらいしっかりと行っていくことが求められるでしょう。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.