住宅型有料老人ホームの介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 勤務先別の介護福祉士求人 >> 住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームの介護福祉士求人

住宅型有料老人ホームでは介護職としての負担が少ない傾向がある一方、人手が少ない施設も多いので求人を探す際には就業環境と業務内容のバランスをよく確認したうえで自分に向いているところを探していく必要があります。

住宅型有料老人ホームの特徴は入居者に提供される介護サービスがかなり限定されることです。基本的には高齢者がなるべく不自由なく住めることを重視しており、本格的な介護を必要としている要介護者にはあまり向いていない面があります。たとえば排泄や入浴の介助、機能回復訓練・リハビリテーションといった本格的な介護サービスは訪問介護など外部の介護サービスを利用することになります。その分この施設で働く介護福祉士にはそれほど本格的な介護サービスが求められない面もあるのです。

そのため施設で雇用されている介護福祉士の数が少なく、ヘルパー系の資格(実務者研修など)が多く活躍している傾向が見られます。その分求人が少なくなるため、この施設に絞って求人情報を探す場合にはちょっと苦戦することもあるかもしれません。急な欠員が生じたときに補充するために求人を出すことも多く、こうしたチャンスを逃さない日ごろからの情報収集力も問われます。

また、実際に介護福祉士が住宅型有料老人ホームでどのような仕事を担当するのかをしっかりと確認しておきましょう。おもな業務としては食事や掃除、洗濯といった日常生活のサポートや見守り、容態の急変など万一のことがあった場合の対応などが挙げられます。それからもうひとつ重要なのがレクリエーションです。入居者同士の交流はもちろん、社会との接点を維持するためのレクリエーションを充実させているところが多く、介護福祉士にもこの方面への積極的な役割が求められています。そうなると介護スキルだけでなくコミュニケーション能力や企画力なども問われますし、イベントを問題なく開催するための現場責任者としての役割が求められる場合もあります。この点は施設によってどの程度積極的に行っているのか、入居者の健康状態によっても違うのでできるだけ詳しい情報を入手したうえで自分に向いているのか、自分のスキルや適性が活かせる職場なのかどうかを判断しましょう。

もうひとつ注意したいのが夜勤の存在です。介護福祉士の数が少ないこともあって夜勤を担当する機会が多くなりがちです。夜中に介護が必要になるケースは少ないですが、眠れない入居者の話し相手になるなど住宅型有料老人ホームならではの役割が求められる部分もあるので夜勤の頻度や手当の有無も大事なポイントとなるでしょう。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.