介護老人保健施設の介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 勤務先別の介護福祉士求人 >> 介護老人保健施設

介護老人保健施設の介護福祉士求人

介護老人保健施設は医療行為やリハビリを必要としている要介護認定の方を対象にサービスを提供している施設です。一般的な介護施設と同じように食事の介助などのサービスを行っている一方、治療・リハビリを通して自宅生活への復帰をおもな目的としているのが大きな特徴です。同じように医療行為・リハビリを行っている施設に介護療養型医療施設もありますが、これは治療・リハビリをメインとしているのに対して介護老人保健施設は介護サービスも充実している点に違いが見られます。

ですから入居期間は終身制ではなく、在宅復帰が可能になった段階で退所することになります。その分介護福祉士は入居者との接し方が一般的な老人ホームとは少々異なる面も出てきます。あくまで在宅復帰を励ましながら介護サービスを行っていくことになるため、リハビリへの意欲などを高め、維持していく配慮なども問われます。

その一方で入居者同士の交流や社会との接点を作るためのレクリエーションは少なく、この方面での介護福祉士の役割も少ないでしょう。純粋に介護スキルが問われる現場なのでスキルアップを目指している方にはよいかもしれません。ただ入居者とのコミュニケーション、継続した介護サービスなどにやりがいを感じている方にとっては少し物足りなさを感じるかもしれません。この点は求人をチェックしていくうえで重要なポイントとなるでしょう。具体的にこの施設で働く介護福祉士がどんな仕事を担当することになるのか、できるだけ詳しく確認しておくことが必要です。

介護サービスと治療・リハビリの両方を行っているため、施設によっては介護福祉士がどちらにも関与することもあります。生活の介助とリハビリのサポートをうまく両立できるか、かなり体力が問われる部分もあるので自分に向いているかどうかも見ておきたいところです。また治療やリハビリに苦労している入居者の精神的なケアも介護福祉士との大事な役割になることも多く、一般の介護福祉士とは異なる配慮やスキルが求められます。

就業環境に関しては一般の老人ホームに比べると医療行為やリハビリに携わる医師、理学療法士なども勤務している分それほど負担が多くない傾向が見られます。先ほど触れたように体力的にはハードな部分がある一方、シフト面が緩やかな面があるので規則正しい環境で働きたいという方にはよいでしょう。収入面も介護・福祉関連の施設の中では恵まれたほうです。ただ昇給の余地があまりないところもあるので5年後、10年後の環境も見ておきましょう。求人の数はそれほど多くありませんが、ネットを利用すればいろいろと見つける機会もあるはずです。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.