障がい者施設の介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 勤務先別の介護福祉士求人 >> 障がい者施設

障がい者施設の介護福祉士求人

介護福祉士の就職・転職先のひとつとして障がい者施設も挙げられます。広い意味で特別養護老人ホームに代表される福祉関連施設の一種ですが、高齢者をおもなサービス対象とする一般的な福祉関連施設とは業務内容や就業環境においてさまざまな違いが見られます。転職先として求人探しを行っていく場合には収入面だけでなくこうした違いもしっかりと確認しておきましょう。

障がい者施設ですから、おもに障がい者を対象にサービスを行うことになります。自立した生活を送るのが困難な障害を心身に抱えている方に食事、入浴、排泄などの介助業務を行うのがまず第一。この点は高齢者を対象とした施設と共通していますが、障がい者ならではの特徴も見られます。高齢者に比べてひとりひとりにあわせたよりきめ細かなケアが求められるうえ、こちらが期待するとおりに介助・サービスを受けとくれないことも多く、信頼関係を構築していくうえでのコミュニケーション能力が問われます。体の衰えによって自立した生活が困難になる高齢者と比べて障がい者ひとりひとり必要とされる介護が異なるのでその辺を見極めるスキルが問われます。

そのため介護スキルはもちろん、コミュニケーションスキルや社会性、人間性が採用の際に重要な判断基準となることがあります。面接をはじめとした転職対策では求人探しの段階で施設の特徴、傾向、理念などをよく把握し、職場にすぐに馴染んで即戦力として活躍できる人材であることをアピールできるよう準備しておきましょう。

ただ難しいのは障がい者施設はどうしても一般の介護関連施設に比べて事前に情報が入手しづらい面があります。公式サイトでも職場の雰囲気や業務内容に関する情報があまり掲載されていないことも多く、求人サイトでもあまり細かな情報が得られない場合もあります。このあたりが障がい者施設の求人情報をチェックしていく上でもっとも難しい部分となりますが、必要とあれば直接問い合わせるなどして十分な情報と準備を整えておくようにしましょう。この点が採用の成否を決める大事な点になる可能性もあります。

施設そのものがそれほど多くなく、しかもあまり大々的に求人を出さない傾向もあります。施設の公式サイトの採用情報をチェックするほか、いろいろな情報網を利用しできるだけ広く情報を入手できる環境づくりも求められるでしょう。この施設からの求人を扱っていない情報網ばかりを利用しているといつまで経ってもよい求人が見つからない、などといったことも起こりえるので注意したいところです。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.