特別養護老人ホームの介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 勤務先別の介護福祉士求人 >> 特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームの介護福祉士求人

特別養護老人ホームはもっとも広く知られた介護施設です。そして介護福祉士が目指す転職先の筆頭ともいえるでしょう。入居型の介護施設で自立した生活が困難になった高齢者の終の住みかとして重要な選択肢となっています。入居者はみな要介護認定を受けた方なので介護福祉士は日々の生活の中でさまざまな介護サービスを提供していくことになります。その意味で介護福祉士らしい仕事ができる職場としても魅力です。

この特別養護老人ホームではどの施設でも原則として共通したサービスが提供されているのが特徴です。民間が運営する有料老人ホームが各施設ごとに独自のサービスや恵まれた環境をアピールしているのに対し、特別養護老人ホームは少ない利用料金で必要なサービスを受けられるのが最大のメリットとなっています。週2回以上の入浴が義務付けられているなど…。ですから求人探しを行う際にどんな仕事を担当することになるのかを細かくチェックする必要がありません。

ただし、ではどの特別養護老人ホームでも働く環境は同じか、というと必ずしもそうではなく、入居者の介護度や人手の状況によって違いが出てきます。当然要介護認定が高い人が入居している施設ほど介護福祉士の役割が重要になってきます。また、スタッフが少なければその分ひとりひとりのスタッフの負担が大きくなりますから、こうした情報もできるだけ入手しておくことが大事です。求人情報だけではなかなか入手するのが難しいだけにいろいろな評判や施設の公式サイトなども利用し、詳細な情報収集ができる環境づくりを行っていきましょう。

そうした詳細な情報収集が必要な背景にはこの職場で働く介護福祉士の負担の大きさがあります。24時間、自立した生活が難しい方に対してサービスを行うわけですから、どうしても介護福祉士の負担が大きくなります。夜勤は当然のこと、人手不足の場合はその頻度も高く、心身への負担が大きくなるケースも少なくありません。やりがいを感じられるけれどもその分負担も大きい職場、という前提で求人をチェックしていくようにしましょう。

その一方、自治体や社会福祉法人が運営している施設なので収入面ではかなり恵まれた状況にあります。キャリアしだいでは年収500万円を超えるところもあり、収入とキャリアアップを重視して職探しを行っていく場合にはまず最初に考慮したい選択肢となるでしょう。昇給の面でも魅力があり、長く働ける職場を見つけられるかどうかも鍵になりそうです。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.