介護付有料老人ホームの介護福祉士求人

介護福祉士転職TOP >> 勤務先別の介護福祉士求人 >> 介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームの介護福祉士求人

介護付有料老人ホームの求人を探していく場合にはまずどのような環境で業務を行うことになるのかをよくチェックしていくようにしましょう。このタイプの介護施設は需要の増加もあってサービスの多様化が進んでいる面もあり、介護福祉士がどこまで仕事を担当するか、どういった役割が求められるのか、施設によって違いが出てくることも多いのです。

この介護付有料老人ホームには大きく分けて2つのタイプがあります。まず一般的な介護専用型。つまり要介護認定を受けて自立した生活を送るのが困難な方を対象にした施設。もうひとつは混合型と呼ばれるもので、こちらは要介護認定を受けていない方でも入居できます。近年ではこちらの混合型が増えているといわれています。当然入居者が要介護認定を受けているかそうでないかによって介護福祉士が担う仕事も違ってくるため、必ず施設のタイプは確認しておくようにしましょう。

またどちらのタイプでも入居者ひとりひとりに対して個別のサービスを充実させているのが大きな特徴です。特別養護老人ホームなどでは画一的というといいすぎかもしれませんが、入居者の健康状態を考慮しつつ全員が同質のサービスを受けられる環境となっているのに対し、有料老人ホームでは入居者の好みや意向を考慮・尊重したうえでサービス・ケアを行っているのが特徴です。そのため食事や入浴、排泄といった介助業務だけでなく日常生活の支援も介護福祉士の仕事に含まれることもあります。たとえば買い物や各種手続き、掃除や洗濯など。こうした業務はヘルパー系の資格や専門のスタッフが担当することも多いのですが、施設によっては介護福祉士が一部を担うということもあります。

それから医療行為をめぐる環境もこのタイプの求人をチェックしていく上での大事な点です。入居者のバイタルチェックや投薬などが医師・看護師によって行われているのですが、必ずしも24時間体制で医療スタッフが常駐しているわけではないため、緊急の際には介護福祉士が医療機関への連絡などを担当するケースも見られます。また、医療行為の際に医師・看護師のサポートを担当する仕事も行います。ですから医師・看護師が常駐しているかどうかで介護福祉士の負担や責任がずいぶんと違ってくることになります。

簡単に言えばサービスが充実している施設であればあるほど介護スタッフが入居者の生活に関与する機会が多くなります。ただその分給料が高くなる面もあるため、収入と就業環境、介護職が負うことになる責任をよく考慮したうえで選んでいくことがポイントになりそうです。

介護福祉士の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 介護福祉士転職エージェントランキング All Rights Reserved.